HMBとクレアチンの併用で効果倍増!? 【正しい飲み方・おすすめサプリ】

HMBやクレアチンは筋トレ効果を高めてくれるためとてもおすすめできる成分です。
ではHMBとクレアチンどちらを使用するのが良いのでしょうか?

それぞれの特徴を知ることで単体での使用よりも併用が良いことが分かりますし、両方入っているサプリの存在も知ることが出来ます。

相乗効果を得るために飲むべきタイミングや量、間違った使い方をしないための注意点なども正しく知ることでサプリの効果をさらに高めることが出来ます。

なぜHMBとクレアチンの併用は効果的?

筋肉を鍛え強化することで、見た目にも美しく自慢できる体型を手に入れることが出来ます。
その際に効果的なのがHMBサプリやクレアチンサプリの存在です。

この二つはどちらも筋肉の合成を促進し強化するサポート役として非常に効果が高いものとなっています。

特にHMBとクレアチンの併用を行った場合、その効果は単体で使用するよりも遥かに高いものとなります。
何故HMBとクレアチンの併用が効果的なのかは、HMBは筋肉を合成するサポート役で、使用すると筋肉量の増加が可能となります。

クレアチンは筋肉のエネルギー源となりパフォーマンスをアップできるという特徴があります。

両方を併用すると筋肉量の増加と共にパフォーマンスアップが可能となり、筋トレを行った際の効果を高めることが出来るのです!

HMBとクレアチン、それぞれの正しい飲む量やタイミングは?

HMBとクレアチンはそれぞれに正しく飲むための量やタイミングがあります。
量を誤れば効果が出ないことも有りますし、タイミングが悪ければ効果がそれほど感じられなくなることも有るわけです。

そのため効果的な量とタイミングを正しく知ることが重要となります。

HMB

HMBを飲むタイミングとしては、筋トレ30分前に飲むのが効果的です。
HMBには筋肉量アップ効果以外にも、疲労回復や筋トレ中の筋肉の分解を阻止する効果もあります。
そのため筋トレ前に飲むことで筋肉の疲弊を抑え、筋トレ効果を高めることが出来ます。

飲む量としては1日3gが最も効果を得られる量なので、それを越えないようにして摂取すると良いでしょう。
少なすぎても効果を感じられないので3gの摂取を心がけましょう。

クレアチン

クレアチンを摂取するタイミングとしては、トレーニング後と食後が最も効果的です。
トレーニング後や食後に飲むことで、消費したクレアチンを補給し体に貯めることが出来る為です。

食後は吸収率も高くなるので、翌日のトレーニングに備えてクレアチンを飲んでおくことで、パフォーマンスを高めることが出来ます。

摂取量に関しては、クレアチンの場合体に貯めて置ける限度が限られていますので、1日5gを目安にして摂取すると良いでしょう。

初めてクレアチンを使用する場合にはローディングと言う方法で1日20gを4回に分けて摂取します。
こうすることで体内のクレアチン濃度を高めることが出来ます。

クレアチン配合のHMBサプリをご紹介

通常はクレアチンとHMBを別々に摂取するのですが、それが面倒な人にはクレアチン配合のHMBサプリがオススメです。

このサプリを使用すれば手間なくクレアチンとHMBを同時に摂取できます。
現在数多くのクレアチン配合HMBサプリがありますので、代表的なものを紹介いたします。

マッスルエレメンツHMB

マッスルエレメンツHMBは純日本製のHMBサプリです。
外国産のサプリとは違い、国内で製造しているので安全なサプリとなっています。

高純度のHMBとクレアチンをシッカリと配合してあり、ビタミンなどの成分も一緒に摂取できるようになっています。

価格は定期コースを利用すれば通常7900円を初回500円で購入できます。
2回目以降の20%OFFで購入できるので定期コースの利用がおすすめです。

ディープチェンジHMB

ディープチェンジHMBは8粒にHMBを2000mg配合してあるため、効率的にHMBの摂取が出来ます。
クレアチンも一緒に配合してあるため、相乗効果が期待できるサプリです。

BCAAやアルギニン、シトルリンと言った成分も筋トレの効果を高めてくれます。
価格は通常13000円ですが、実感チャレンジコースを利用すると初回は送料の500円のみで試すことが出来ます。

2回目以降は30%OFFの9100円で購入できますので、試してみたい人は実感チャレンジコースからの利用が良いでしょう。

メタルマッスルHMB

メタルマックスHMBは体に必要なHMBを1600mgも摂取できるサプリです。
メタルマックス10粒でプロテイン20配分のHMBが摂取できますので、効率的に筋肉を強化できますし、カロリーの面でも安心です。

クレアチンも一緒に配合してありますし、BCAAやグルタミンなども同時に摂取できます。
他にもオルニチンなど多くの成分をバランスよく配合してあります。

価格は通常8640円ですが、初回利用は94%OFFの500円で試すことができます。

メタルボディコースを利用すると2回目以降もお得な6480円で購入可能です。

クレアチン以外でHMBとの効果が高まる成分は?

HMBとの併用で効果を高めることが出来るのはクレアチンだけではありません。

クレアチン以外にも相乗効果を得られる成分があり、それが配合されているサプリを使用することでさらに効果を倍増させることが出来ます。

BCAA

BCAAは必須アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンの集合体です。
BCAAには筋肉の合成をサポートする効果や分解抑制、さらには持久力の向上といった効果も得られます。

HMBと併用することで筋肉の強化を高めることが出来ますし、筋トレ時の持久力もアップするのでさらに筋トレに打ち込むことが出来ます。

グルタミン

グルタミンは体にとって必要不可欠な存在です。

グルタミンを摂取することで得られる効果は、筋肉の分解抑制や消化吸収を助ける効果、免疫力アップなどがあります。

筋肉の分解抑制効果により、鍛えた筋肉が分解してしまうのを防げますし、消化吸収を助ける働きでHMBなどの成分もキュ集し易くなります。

バイオペリン

バイオペリンには栄養素の吸収を助ける効果や、脂肪燃焼を助ける効果、疲労回復効果などがあります。

バイオペリンを摂取することで他の栄養素をしっかりと吸収出来ますし、脂肪燃焼効果により筋トレで無駄な脂肪を燃焼しやすく出来ます。

疲労回復効果が高まることで筋トレで疲れた筋肉を素早く改善できます。

効果を感じられないのには理由があった!効果が出ない原因

HMBやクレアチンを摂取しているのに効果を感じられない場合、それは何かしらの問題があるためだと言えます。

HMBやクレアチンには正しい使い方がありますので、それを意識して使用していない場合効果が得られない、実感できなくなります。

大量に摂取しすぎている

HMBの効果を高めようと大量に摂取している場合、それは逆効果になってしまいます。
HMBの摂取量で最も効果が出るのは1.5~3g摂取した場合です。

それ以下の場合は少なすぎて効果を実感できませんが、3gを超える量を摂取した場合にはHMBの効果がマイナスに働くことが分かっています。
そのため大量摂取している人はいくら飲んでも効果が出ません。

飲むだけで筋トレをしていない

HMBやクレアチンなどの成分は、筋肉を合成したりエネルギーとなるものです。

そのため筋トレをしていない場合には筋肉の合成をする必要もなく、筋肉を動かすためのエネルギー消費もしないので効果が出ません。
筋トレをして体を動かして初めてHMBやクレアチンが消費され効果を実感できるので、飲むだけでは意味がありません。

筋トレをしない日は飲んでいない

筋トレの日は飲んでいるがそれ以外の日は飲んでいない場合も効果が半減してしまいます。

何故ならクレアチンは体に貯めておくことで筋トレ時に消費され効果を出しますし、HMBには疲労回復効果もあるので毎日飲む方が良いでしょう。

筋トレしていない日にも飲むことで効果を継続させることが出来ますし、筋トレ時の効果を高めるための準備にもなります。

HMBとクレアチンを併用して効果を高めよう!

筋トレの効果を高めたいのであればHMBだけでなくクレアチンの併用が効果的です。

飲む際にはクレアチン配合のサプリを使用して筋トレ前と筋トレ後に分けて飲むことで、さらに効果を高めることが出来ます。
サプリの種類や配合されている成分にも注目し、上手にサプリをチョイスすることで筋トレを無駄にすることなく筋肉の強化が出来るでしょう!