HMBとプロテインの違いは?どちらが効果的?メリット・デメリットを徹底解説

体を鍛え見た目の印象を変えたい場合や、筋肉量をさらに増やしたい場合にはプロテインの利用が効果的です。

プロテインと並び近年利用者が増えているのがHMBというサプリで、これを利用することでも筋トレ効果を高めることが出来ます。

プロテインとHMBにはどんな違いがあるのか、両者のメリット・デメリットは何かを知ることでより高い効果を得られます。

それぞれを知り筋肉への働きを知った上で併用することで、今まで以上の効果を生み出すことも可能となります。

HMBとプロテインは別物!それぞれの効果とは

筋トレをしている人が良く利用するのがプロテインやHMBサプリと言った商品です。

この2つはどちらも筋トレの効果を高めてくれるものですが、実際には似て非なるものだと考えなければいけません。

プロテインとHMBで得られる効果は異なっており、混同してしまうと考えていた効果を正しく得られないことも有ります。

HMB

HMBはロイシンが分解されることで発生する代謝物で、筋肉の合成を助け強化することが出来ます。

HMBを摂取すると筋肉自体の合成を早めるとともに筋トレで疲れた状態を回復し、筋肉自体の減少を抑える効果も得られます。

しかしHMBは筋肉強化の効果は得られますが、筋肉を作るための材料ではないのでHMBだけを摂取しても筋肉を大きくすることはできません。

プロテイン

プロテインは主成分となっているのがタンパク質のため、筋肉を作るための材料補給の意味合いが強いと言えます。

筋肉を強化するには筋トレなどで負荷をかけることも重要ですが、負荷をかけた筋肉を回復し作るための材料も必要となります。

材料が無ければ筋肉を回復することも強化することも出来ませんので、プロテインの主成分であるタンパク質が必ず必要となります。

通常は肉や魚などからたんぱく質を摂取しますが、これでは効率が悪くなります。

プロテインの場合タンパク質を安定的かつ効率的に補給できるので、材料を適切に補給できます。

HMBとプロテインと併用による効果とは?

HMBとプロテインを併用した場合、筋肉を作る材料と強化するための促進剤の両方が揃うことになります。

そのため筋トレをした際にはHMBの筋肉の疲れを癒し合成を促進する効果と、プロテインの材料としての働きの両方が組み合わさることになります。

材料があるので筋肉を作ることが出来ますし、その材料を使用して筋肉の合成をさらに高めることが可能となるわけです。

HMBとプロテインのメリット・デメリットをご紹介

HMBとプロテインは似て非なるものなので、それぞれのメリットとデメリットを正しく理解して使用しなければいけません。

HMBにはHMBなりのメリットやデメリットがあり、プロテインも同様となります。

それぞれのメリット・デメリットを理解することで、より効果を高める使い方が可能となるでしょう。

HMBのメリット

HMBはプロテインに比べ即効性が高く、筋肉に直接作用して強化をすることが出来ます。

プロテインの場合、タンパク質に含まれるロイシンを分解しHMBにしなくてはいけませんし、取り込んだタンパク質全てがHMBとして使用できるわけではありません。

しかしHMBサプリの場合最初からHMBの状態で摂取できるので、無駄なくHMBを吸収し効果を得ることが出来ます。

カロリーの面でもほとんどその心配をすることも有りませんし、プロテインのように水などで溶いて飲む手間もなく便利です。

HMBのデメリット

HMBのデメリットはそれだけを使用しても筋肉を強化することが出来ないと言う点です。

筋肉強化には筋トレなどの運動が必須ですし、それと共に食事などでタンパク質などの栄誉素を摂取する必要があります。

いくら筋肉強化の効果が高いHMBでも筋トレなどをせずに飲んでも意味がなく、材料となる栄養素が足りていなければ効果を発揮できません。

それとHMBサプリは価格が高いので、その点もデメリットとなるでしょう。

プロテインのメリット

プロテインのメリットは、筋肉に必要な栄養素を確実に摂取できる点です。

通常は食事から栄養素を摂取しなくてはいけませんが、そのためには様々な食材を使用し栄養素を摂らなくてはいけません。

プロテインの場合それ一つで豊富な栄養素やたんぱく質を摂取出来ますし、水などで溶いて飲むので体への吸収も早いという特徴があります。

たんぱく質不足になることなく確実に材料を補給できますし、価格も比較的安価なので使い勝手もコスパも良いという点もメリットでしょう。

プロテインのデメリット

デメリットは運動をせずにプロテインを飲むと太るという事です。
プロテインは栄養の塊のようなものなので、飲むと大量の栄養とカロリーを摂取することになります。

筋トレなどをしているのであれば消費したカロリーを補給し、筋肉肥大効果を得られますが、そうでない場合には単に太るだけになってしまいます。

味が苦手という人も多いので、味の面でもデメリットも大きいでしょう。

HMB・プロテインはどっちがオススメ?

HMBとプロテインにはどちらも一長一短があるので、どちらがおすすめとは言い切れません。

しかし食事の面で問題がある場合や筋肉をふやしたい場合には、HMBを使うかプロテインを使うかで効果が変わってきます。

食事をしっかり取れている人はプロテイン不要

毎日バランスの良い食事をしている場合、プロテインを使用しなくても筋肉に必要な栄養素は補給できていると考えられます。

この場合プロテインを飲んでしまうと無駄なカロリー摂取になるのでプロテインは不要です。

食事に問題が無ければHMBを飲むだけで筋トレの効果を高めることが出来ます。

食事が不足気味・ムキムキになりたい人はプロテイン

筋トレはしているが食事が不足している場合には、プロテインを飲むことで足りない栄養素を摂取出来ます。
栄養が足りない場合には筋肉を強化できないので、プロテインを上手く活用すると良いでしょう。

プロテインは筋肉の材料なので、ムキムキになりたい場合もプロテインを使用すると筋肉肥大化が目指せます。

HMB・プロテインの飲み方は?

HMBとプロテインの飲み方としては、併用することがとても重要です。

併用することでそれぞれの長所を生かし短所を補くことが出来ますので、筋トレの効果を倍増することが出来ます。

飲む場合にはHMBは筋トレ前に飲むことでその効果を発揮できますし、トレーニング前に飲めば回復効果も高められます。

プロテインはトレーニング後に飲むことで筋肉を回復する際の材料補給が出来るのでおすすめです。
トレーニングをした際には同時に摂取するのも飲み忘れを防ぎ効果を高められるでしょう。

HMB・プロテインの併用による副作用は?

HMBもプロテインも薬ではありません。
プロテインはそのほとんどがタンパク質ですし、HMBもロイシンの代謝物なので併用しても副作用が起こる事は無いと考えてよいでしょう。

ただし過剰に摂取してしまうとカロリー過多になり体に負担がかかることも有りますし、HMBやたんぱく質は取りすぎると肝臓や腎臓に負担をかけることになるので注意が必要です。

適切な用法・容量を守れば大きな問題は生じません。

効果をより実感したい人にはHMB・プロテインの併用を!

筋トレの効果がなかなか出ないと悩んでいる人や、プロテインだけの効果では満足できていない場合はHMBとプロテインの併用がおすすめです。

使用する場合には両方の性質を正しく知り、適切な使い方をすることがポイントです。

上手に利用すれば筋トレ効果をさらに高め、自分の目指す体を手に入れるサポートとなるでしょう。